多様化する「働き方」に対応したオフィス空間

働き方改革対応オフィスとは?

”時間と場所”に捉われない新しいビジネスの進め方、特に ABW に代表されるオフィス空間の創り方こそが『 働き方改革 において重要な要素の1つであるといわれています。

しかし、会社の業態や企業風土からも大きな影響を受ける、この改革に対する​捉え方は企業により様々です。

​子育て世代の女性たちの活躍を望む企業、シニア世代の更なるポテンシャルに期待する企業、ダイバーシティ経営への対応をいち早く進めたい企業など・・・・・。

私たちは『 働き方改革 』に対するお客様の考え方、捉え方、進め方を的確に汲み取り、最適な『次世代オフィス空間』をご提案。

​社員が最高のパフォーマンスを発揮できる空間とは何か?をお客様と具現化していきます。

◆ ABW  ~ Activity Based Working ~

仕事内容に合わせて働く場所、空間を選ぶ働き方。

集中作業したい時は静かな部屋で・・・ちょっとした会議はソファ等で・・・

休憩用に社員がくつろげるスペースなどを設ける企業もあります。

​フレキシブルに働くスペースを選び、効率良く働く考え方です。

 

◆ 一億総活躍を目指す『働き方改革』

​我が国は『 少子高齢化に伴う生産年齢人口減少 』『 育児や介護との両立など働く方のニーズの多様化 』などの急激な状況変化に直面しています。

こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作る事が重要な課題です。​

(厚生労働省HPより引用)

 

私たちが提案する次世代オフィス空間の

4つのポイント

ポイント 04
ポイント 03
ポイント 01
ポイント 02
第一工芸社フッダー

COMPANY

第一工芸社ロゴ

株式会社  ​第一工芸社

​所在地

〒105-0004 東京都港区新橋6-22-4

TEL:03-3433-7771  

FAX : 03-3433-4189

​HP  :https://www.d1-kougei.co.jp