「 健康経営優良法人2022 」に認定















次世代のオフィス空間をコンサルティングする第一工芸社(以下、当社)は、日本健康会議より、経済産業省ならびに厚生労働省が推進する「健康経営優良法人2022((中小規模法人部門)」に認定されましたのでお知らせいたします。


健康経営優良法人制度とは、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから評価を受けることができる環境を整備することを目的に、2016年度に経済産業省が創設した制度です。

健康経営優良法人認定制度(METI/経済産業省)


健康・医療新産業協議会健康投資ワーキンググループ(日本健康会議健康経営500社ワーキンググループ及び中小1万社健康宣言ワーキンググループ合同開催)において定められた評価基準に基づき、企業等からの申請内容を審査した上で、日本健康会議が「健康経営優良法人」を認定します。

第6回となる今回、「健康経営優良法人2022」として、「大規模法人部門」に2,299法人、「中小規模法人部門」に12,255法人が認定されました。


------------------------------------------------------------------


当社では健康経営を重要な経営課題と捉えた上で、フォーバルグループ全体の社是で掲げる社員が安心して力を発揮できる「場」作りのため、健康寿命の延伸に向けた取り組みを強化しているところです。


労働時間の適正化に継続的に取り組みながら、特に柔軟な働き方、メンタルヘルス等のストレス関連疾患の発生予防、生活習慣病などの発生予防を重点課題と捉え、積極的に取り組みを進めた結果として、今回の認定を受けることができたものと考えております。


■ 日本健康会議について

少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療 について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。

経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対 応策を実現していくことを目的としています。