「健康経営」に対応したオフィス空間

『健康経営』に取り組む企業が評価される時代

これからの企業の在り方として、様々な角度から社員のケアを図る事が求められています。

その1つとして挙げられるのが「健康経営」です。

社員やその家族の健康増進・維持・管理を経営的な視点で考え「社員に対する健康投資」

企業が積極的に行うことを提唱する考え方です。

健康経営を実践することにより、社員は仕事に対して高いパフォーマンスを発揮できる様になります。

それは、最終的に企業における「生産性」と「業績」の向上にも大きく貢献する事が期待されます。

では健康経営とは具体的にどの様な取り組みを行えば良いのでしょうか?

例えば、室内温度や湿度、BGMや香り、健康的な食事を提供するなど・・・それぞれのオフィス空間にあわせて「社員に対する健康投資」を柔軟に行っていくことがとても重要です。

実際に清潔で洗練されたオフィスで働くことで「社員のストレス値が軽減した」とするデータも最近に

なり報告されています。

「 健康経営 」に積極的な取り組みを実践する企業は​、社会から高い評価を得られます。

それは同時に企業価値の向上に繋がるでしょう。

​Q 何故いま、健康経営が大切なのか?

​A : 労働人口の急激な減少

日本は猛烈なスピードで超少子高齢化が現在進行形で進んでいます。

これまでの日本では、労働者が高齢化を起因とした理由(定年退職など)で自然減少があっても若い世代が新たに加わることで労働人口のバランスは絶妙に維持されてきました。

しかし「超少子高齢化社会」においては、少子化と高齢化が猛烈なスピードで進行していくため労働人口の急激な減少は避けられません。

 

労働人口の確保が難しくなると「企業の生産性」にも確実に影響が出てきます。

生産性が低下することは、連動する「売上や業績」が悪化する可能性もあり、中長期的に企業経営を考えた場合、重大な経営リスクとなりかねません。

ではこの超少子高齢化による労働人口の減少に企業はどう立ち向かえば良いのでしょうか?

それは、企業が現役の従業員やその家族に対する「心と体の健康」へ積極的な投資をすることです。

従業員が健康的に永く仕事に取り組める環境を整備することにより、労働人口が自然減少するスピードを遅らせることが可能です。

​A : 長時間労働の常態化

労働人口が減少すれば、従業員1人あたりが抱える仕事量は確実に増えることになります。

そのため「仕事が終わらないから残業する」→「長時間労働」が常態化へ繋がっていきます。

この悪循環(負のループ)は、社員の心と体に大きなダメージを与えます

社員がダメージを受けることは、様々な労働災害(鬱病や自殺など)や離職率の上昇などの

重大な経営リスクとなり得る問題を発生させてしまう可能性を高めてしまいます。

昨今、このような労働条件下で社員を働かせる企業は【ブラック企業】と呼ばれるようになりました。

​Q 健康経営とは?

 

健康経営は元々、臨床心理学者であるロバート・ローゼン博士(アメリカ)により提唱された

「ヘルシーカンパニー」に基づいた経営方針が基本となっています。

これまで「経営管理」と「健康管理」は、それぞれ別な取り組む課題だと考えられていました。

しかし、社員の健康管理を重要な経営課題の1つとして捉えることにより、社員の健康維持・増進に向けた対策を企業が積極的に取り入れることで、従業員が高いパフォーマンスを発揮することが期待できます。それは最終的には企業の業績向上へ繋がっていきます。

この取り組みを1つの考え方として定義化したものが「健康経営」です。

​Q 健康優良法人とは?

 

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組みを基に、特に優良な健康経営を実践する大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。​ 

 

(経済産業省HPより)

ポイント 01
ポイント 03
ポイント 02
ポイント 04

私たちが提案する次世代オフィス空間の

4つのポイント

COMPANY

第一工芸社ロゴだけ.gif

株式会社  ​第一工芸社

​所在地

〒105-0004 東京都港区新橋6-22-4

TEL:03-3433-7771  

FAX : 03-3433-4189

​HP  :https://www.d1-kougei.co.jp